SHUNCAY’s Photobook

shuncay.exblog.jp

茉莉花の飾り オーダーメイド

b0240615_18033794.jpg
タクシーの運転手さんのおかげで無事にヤンゴンまで戻って来れた。最初はヤンゴンで買い物をする気は全くなかったが、この旅の間に私も民族衣装であるロンジーが欲しくなった。

どの観光地にもロンジー売りは沢山いる。観光客の我々にかなりしつこく勧めてくるが、どうしてもそこで買って身につける気はしなかった。だが、ウーベイン橋のたもとであった外国人観光客の女性が着ていたとても素敵なロンジーが気になり「貴方のロンジー素敵ね!どこで買ったの?」と尋ねたら、嬉しそうな顔をして「ヤンゴンで!」と答えが返ってきた。

既製品のロンジーもあるようだが、基本的にロンジーは生地を買い、それを縫製してもらう。

私が小さい頃、父がインドネシアやシンガポールに出かけた際には、母と私に生地をお土産に持って帰ってきてくれた。その中の一つ、バティックと呼ばれるバリ更紗などでワンピースを誂えて貰っていたのだ。だから、ホテルのコンシェルジュ嬢に「ロンジーを誂えたいから、生地が買えて、縫製してもらえる場所を教えて!」と地図に印をつけてもらい、ヤンゴン市内のショッピングセンターに一目散に出かけた。

生地を扱う店は沢山ある。それに客引きも多い。根っからの商売人達は私がロンジーの生地を買う気満々でいる事が一目で解るようで(笑)、おススメにも熱が入る。

その一つの店で気に入った生地があったが、縫製に1週間はかかるという。ならばダメだと諦めた矢先に、他の生地屋の女将が「家で買ったら40分で縫製してくれる店を紹介する!」と言ってきた。その店の生地をみると、私の好きな刺繍付きの生地を揃えている。買おうかなぁ?どうしようかな?と迷っている矢先、傍らの店員の女性がモタモタしていた様子が気に障ったようで、針金のハンガーでバシバシ叩きだした(怖)。吃驚してそこから出ようと思ったが、生地は欲しい。どうしようか?と迷ったが、他の店と比べても生地代金はリーズナブル。それにここで買わない!と言ったら、私も針金のハンガーで叩かれるかもしれないので(笑)購入。

そして、縫製をしている女性の所に案内してもらった。さっきの生地屋の女将と全く違い、優しい女性達。私が子供の頃も、縫製をしてくれる人の家に件の生地もって行き、クッキーとジュースを御馳走になりながら、サイズを測ってもらい「春慶ちゃん、また背が伸びたわね!」と言われたり、そのお家のお姉さんとピアノを弾いたりしてさんざん遊んだ後、縫製士と二人でスタイルブックを眺めながら、どんなデザインにするかを話し合い、ワンピースを作って貰っていた。

だから縫製屋で、ミシンを踏んだり、縫い物をしている女性達と過ごすのはとても懐かしさを感じる。
b0240615_18043503.jpg
この人はロンジーの仕上げを担当。ボタン付けをしてくれている。

日本から来たの?家のミシンはシンガーよ!と自分の店のミシンを日本製だと思ってくれているようだが、シンガーは米国企業よね!でも折角、親日家をアピールしてくれているのに、違うと言うのもなんだか申し訳ないので(笑)「まぁ、素敵ね!」と調子をあわせておいた。
b0240615_18041820.jpg
お店番しているこの子の家は、バティックが売っていた。バティックも欲しいなあ~と思ったが、東京で誂えたら本当に割高になるなぁと思いながら、ショッピングモールを後にした。

つづく



[PR]
# by SHUNCAY | 2015-01-17 18:53 | Trip

茉莉花の飾り リインカネーションVol. 6

b0240615_22070398.jpg
翌朝は生憎と霧がでて、狙っていた風景の撮影変更を余儀なくされた。

なので、ご両親にお願いして、お子さんたちの撮影をさせてもらった。多謝!!

b0240615_22114296.jpg

この男の子の場合、お母さんがとても撮影に積極的だったにも関わらず、本人は絶対にカメラに目線を合わせる事はしない。無言の抵抗emoticon-0104-surprised.gif

b0240615_22153081.jpg

痺れを切らしたおかあさんがゴールデンロックにお祈りをする時に、何やらいたずらを思いついたよう。

b0240615_22193578.jpg

真剣にお祈りしていたお母さんも、思わず笑ってしまったemoticon-0102-bigsmile.gif

b0240615_22221173.jpg

優しいキレイなお母さんが大好きなんだね!!二人のこの笑顔を見て私まで幸せになったよ。ありがとう。

b0240615_22235715.jpg

この女性はタイから来たそうだ。この時のゴールデンロックはかなり寒かったが撮影をお願いすると、この可愛らしい笑顔。

このブログではかなり割愛したが、短い滞在時間にも関わらず、色んなことがあったゴールデンロック。でも、素敵な被写体の皆さんとご一緒出来て、本当に嬉しかったです。

山の精霊たちと皆さんに感謝しながら、いざ下山。ヤンゴンに帰るためにタクシーの運転手が私を待っている。

つづく


[PR]
# by SHUNCAY | 2015-01-14 22:31 | Trip

茉莉花の飾り リインカネーションVol. 5

b0240615_23251964.jpg
ツイッターでながれてきたインドでの日本人女性暴行事件の記事を読んで、改めて海外を女性一人で旅をするのは危険だと言う事を再認識した。語学ができるとか、旅慣れているとか、用心していれば事故に巻き込まれないという単純な問題ではない。

もちろん無防備に、危険地帯と知りながら出かけて行くのは避けるべきだ。知らない人にヒョイヒョイついて行ったりするのも危険だ。事件に巻き込まれるのは一種の災害のようなもので、何時何が起こるのかわからない。

それに女性と男性なら、力の弱い女性の方が狙われやすいだろう。ましてや我々などのように一目で高額だとわかるカメラやレンズを抱えて、朝まだ暗いうちから、夕暮れまで、撮影の為に縦横無尽に歩き回っていると、その分リスクも高くなる。

だが、初めて訪れたこの国でも、色んな方々が撮影に協力して下さったのは、やはり山の精霊たちのおかげだと感じた。事実、行く先々で私の「撮って良いですか?」の問いかけに、沢山の方々が本当に気持ち良く応えて下さった。中には積極的に「撮って!」と声をかけて下さるお子さん達や大人達もいた。そんな風に声を掛けられるのは、フォトグラファー冥利につきる。

どんな時でも、どんな場所でも、安全で、清々しい気持ちで撮影ができる事に感謝しなければいけない。そういう思いを巡らしながら、彼にピントをあわせてファインダー越しに、ゴールデンロックの神に祈りを捧げた。

「私は日本から来ました春慶です。この度はこの地で撮影させて頂くことになりました。ありがとうございます。私からのお願いがございます。それは、私の撮影にご協力して下さったすべての方々の事です。あの方々が幸福になるよう祈りを捧げます。どうか、この願いを御聞き下さいますよう、お願い申し上げます。」

私はこれからも素敵な被写体を探しに行く旅にでるだろう。そして、被写体に対する感謝の気持ちを決して忘れずに、シャッターを切ることを改めてゴールデンロックで誓った。

つづく

[PR]
# by SHUNCAY | 2015-01-13 00:02 | Trip