SHUNCAY’s Photobook

shuncay.exblog.jp

茉莉花の飾り インレー湖での思い出 Vol. 6

b0240615_18534125.jpg

てきぱきとしたフロント係りの女性から、インレー湖のクルージングを薦められる。猛暑の時間帯は遠慮したいが、夕涼みがてらのクルージングなら行ってみたい!とリクエストすると、快く引き受けてくれた。

有能な女性だわ!

ツアーの開始まで時間はたっぷりあるので、それまで周辺をブラブラするとしよう!

フロントを出たところに、スタッフの女性が居たので、声をかけて撮らせてもらう(それが上の写真)。自然な笑顔が出てくるまで粘りたかったが、相手はお仕事中なので、これ以上無理を言っては申し訳ない。

b0240615_18551323.jpg

ホテルの裏庭から村に繋がる道を歩く。裏庭があるって知ってて良かった!そのつもりはなかったんだけどね。。。

この村の住居はインレー湖内に建てられている住居と同じく高床式。奥に見える小さい建物が厠だろうか?


b0240615_1911920.jpg

家禽は放し飼い。

b0240615_1922186.jpg

すると、農作業をしている奥さんと、お子さんがいたので、お声掛けして撮らせて頂いた。

b0240615_193545.jpg

この後、このお宅におよばれしてお茶をご馳走になったのだが、その時にこちらの奥さんが大学を卒業して、大家族を支える母であると知る。

そして私と同い年であることも!なんだか嬉しい♪

b0240615_1945940.jpg

とろこで私は海外旅行には梅干し・柿の種(ピーナッツ入り)・ビスコを持参するのだが(食糧持ち込み不可の国以外)、この時はちょうど柿の種とビスコを持っていたので、おちゃをご馳走になったお礼に、お茶請けにどうぞと、その二つをお出しした。

柿の種を頬張った奥さんはクスクス笑う。アラっ?!お口に合わなかったかしら?と心配になった。

だが、ミャンマーではピーナッツの栽培もする。それに日頃口にするのは辛い料理が多いと聞いていたので、大丈夫だろうと思ったのだけど。。。と気をもんでいると、また柿の種を口に運ぶ。

なんだ、気に入って頂けてたのね!良かった!!

ビスコの方は一も二もなく「美味しい!」と嬉しいお言葉。こんなに喜んで貰えるならもっとたくさん持って来れば良かったなと少し後悔。


お宅を後にして、もう少し村を散策。

b0240615_1955354.jpg

家畜の豚に餌を与えている奥さんにお声掛けして撮らせて頂いた。可笑しかったのが私が英語+ジェスチャーで奥さんに「写真を撮って良いですか?」と尋ねていると、豚は餌を食べるのを止めて、私の方をずっと見ながら話を聞いていた事。どうぞ!と許可が下りると、またすぐさま餌に食らいつく。。。

豚って賢いのね!

できれば、こちらの奥さんともいろんなお話をしたかったな。

そして、そろそろホテルに戻ろうかと思い来た道を帰ろうとした矢先、男の子から撮って!(多分w)という撮影のご依頼。

ラジャー!!で、どのようにお撮りしましょうか?ぼくちゃん!と日本語で話しかけると、お姉ちゃんと弟を連れてきた。カメラを持っていると、言語の相違は楽々越えられるようだ(違)。

弟たちの面倒見が良いしっかり者のお姉ちゃんと一緒にパチリ!
b0240615_1972081.jpg



村のみなさん有難うございました!!

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2013-10-05 22:56 | Trip