SHUNCAY’s Photobook

shuncay.exblog.jp

茉莉花の飾り リインカネーションVol. 4

前ポストでは言いたい放題書いたがw、改めて考えるとタクシーの運転手さんは、本当に頼りになった。

ゴールデンロックに向かうには、キンプンから国営のバス(と言ってもトラックの荷台)に乗換えないといけない。我々がキンプンのバス乗り場に着いたのは、最終バス出発前ギリギリ。荷台には隙間なく沢山の人が乗り込んでいた。私はそれを見た時にひるんでしまい、思わず運転手さんに「あれに乗らなきゃいけないの?」と我儘を言ってしまった。すると、彼は私の一言で全てを察したようで、助手席に私を乗せてあげてくれないか?とトラックの運転手さんに交渉してくれ、山頂まで助手席で行けた。

彼はこの往路のドライブ中、私がかなりの我儘だと学習したらしい。ふむ、学習能力が高い運転手さんだ!(ええかげんにしなさい、私)。

ありがとう。本当に助かった!しかし、助手席と言っても、舗装されていない凸凹の山道を、日本では廃車寸前のおんぼろトラックで昇るのだから、推して知るべし。トラックが揺れるたびにグローブボックスが開くemoticon-0104-surprised.gif。最初は運転手さんが閉めていたが、ちょっとの間でも片手運転はしてもらいたくないので、助手席の私が閉じるようにした。

その後、予約していたホテルのチェックインですったもんだがあり(この話はこのシリーズでは割愛)、別のホテルに移動する事を決意したが、何処に空きがあると言うのだろうか?と途方にくれていた。

思案に暮れていると、お腹が空いている自分にも気が付いた。そう言えば、朝ホテルを出発してから飲まず食わずだった。宿を探す前に腹ごしらえをしようと、別のホテルのダイニングルームを訪ねた。たまにはブロガーっぽく山のホテルの紹介をしよう。

b0240615_19161620.jpg
案内されたダイニングルームを見て一安心。正直言って、山小屋ホテルなのでちゃんとした食事はできないかな?と思っていた。

「今から(午後4時頃)食事がしたいのだけど大丈夫ですか?」と尋ねると、笑顔の可愛いメートルが席に案内してくれた。
b0240615_19451470.jpg
テーブルセッティングもキチンとしている。ところでカトラリーが下向きなのはフランス式と教わったが、コップやお皿まで下向きなのは初めて。ゴールデンロック式と覚えておこうemoticon-0105-wink.gif
b0240615_19355219.jpg
食事も美味しい。コースを頼んだが、その一部だけど紹介します。
b0240615_12383057.jpg
b0240615_12384780.jpg
本当は食事と一緒にミャンマービールを飲みたかったのだが、ゴールデンロック境内に入るのに酒気帯びは不敬にあたると思い、我慢×2。デザートまで食べたところで、山小屋ホテルの支配人が私の席に挨拶にやってきた。

「どれも美味しくて大満足です!」と答えると、「お泊りはどこですか?」と尋ねてきた。前述のトラブルを、私ってホント可哀想でしょう!と同情してもらう気満々で訴えると、最後まで話に付き合ってくれ「実は昨日キャンセルになった部屋がありますので、良かったらお泊りになりますか?」とタイムリーなオファーemoticon-0148-yes.gifしかも、カクヤス、違った格安料金で!

山の精霊たちが導いてくれたのかしら?ここでも我儘を言って、チェックインする前に、お部屋を見せて頂ける事に。
b0240615_12390419.jpg
山頂近くの岩肌を切り取って建てられたホテルなので、廊下にも岩がはみ出ているが、とても山小屋とは思えないほど、ビジネスホテルのような快適さ。

b0240615_12512283.jpg
この方が、その親切な支配人。スリランカ出身だとか。スリランカにも行きたいので、どこがおススメかを詳しくお話を聞いて、いざゴールデンロックの境内に再出発!!

つづく


[PR]
by SHUNCAY | 2015-01-12 12:52 | Trip