SHUNCAY’s Photobook

shuncay.exblog.jp

2013年 07月 15日 ( 2 )

茉莉花の飾り ウーベイン橋のたもとで

b0240615_21225935.jpg

ウーベイン橋の写真と言えば、だれもが夕景を思い浮かべるだろうが。。。

いつものように子供たちと遊んでいる方が断然楽しかったので、いや子供たちに遊んでもらったと言うべきだろうか?


【お知らせ】
日本写真学院・安達ロベルトゼミ修了展 ふたりの写真展に参加します。

会期: 2013年7月19日(金)~2013年7月25日(木)
時間: 10時~19時(土日祝日は18時、最終日は17時まで)
会場: Bright Photo Salon
住所: 東京都中央区湊1-8-11 千代ビル4F(日本写真学院内)
最寄駅: 日比谷線・JR京葉線「八丁堀」駅より徒歩8分

皆様のお越しをお待ちして折ります040.gif

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2013-07-15 22:09 | Trip

茉莉花の飾り 慈悲の心

b0240615_0274343.jpg

マンダレーに到着後、すぐにマハーガンダーヨン僧院に行こうとしましたが、タクシーがなかなか来ませんでした。かと言って、自分で運転して行くわけにも行かず、やきもきした日でした。

到着した時には、すでに殆どの僧侶達の食事が終わっていました(涙)。

そこで、食事を終えて宿坊へ帰ろうとしていた、僧侶にお声掛けして撮らせて頂きました。

b0240615_032539.jpg

シャッターを押してお礼を申し上げると、ナント釜の上のパンを私に下さいました!

ありがとうございます。

手にすると、カスタード・プリンの香りがします。う~~~ん、美味しそう!食べたい!

b0240615_0354016.jpg

でも、私の後ろには小さな女の子が。。。

そこで、彼女が英語が理解できるかできないかは関係なく、彼女にキチンと話しかけてみました。

「今、とても優しい僧侶からこのパンを頂いたけれど、私は僧侶の慈悲のお気持ちだけ頂いて、このパンは貴女にあげます。」

と言って渡そうとしましたが、彼女は自分に話しかけられているとは思ってなかったようで、目を合わせることもしませんでした。

でも、そばにいた彼女の家族が私の方を向くようにと合図すると、彼女はニコニコしながらパンを受け取りました。

b0240615_0462090.jpg

どうやら、仏の慈悲があるところに人々の暮らしがあるようです。

b0240615_052522.jpg

最後にもう一度さきほどの僧侶にご挨拶をして、僧院を後にしました。

【お知らせ】
日本写真学院・安達ロベルトゼミ修了展 「ふたりの写真展」に参加します。

会期: 2013年7月19日(金)~2013年7月25日(木)
時間: 10時~19時(土日祝日は18時、最終日は17時まで)
会場: Bright Photo Salon
住所: 東京都中央区湊1-8-11 千代ビル4F(日本写真学院内)
最寄駅: 日比谷線・JR京葉線「八丁堀」駅より徒歩8分

皆様のお越しをお待ちして折ります040.gif

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2013-07-15 00:53 | Trip