SHUNCAY’s Photobook

shuncay.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 25 )

自由が丘Not Knotとのコラボ始まりました!

b0240615_21591370.jpg


皆様、大変遅くなりましたが先日は「ふたりの写真展」にお越し頂きまして、誠に有難うございましたemoticon-0139-bow.gif

ゼミの指導教官・安達ロベルトさん、レタッチの指導教官・大旗英武さん、プリント用紙のアドバイスを頂いたピクトリコのT様、写真展を御一緒した宮地さん、日本写真学院のスタッフの皆様に改めて御礼申し上げます。

仕事の関係でフルタイムで在廊はできませんでしたが、ちょうど在廊中に、自由が丘Not Knot中田先生(お写真)が訪ねてきて下さいましたemoticon-0170-ninja.gif

Not Knotではリフレクソロジーグリーンピール5Daysのコースを受けましたが、施術前に時間をかけて、とても丁寧にリンパの流れを良くするマッサージをしてくれます。

このマッサージが独特で、肩甲骨を柔らかくする為なのか後ろ手を回されるんです。まるで、時代劇で下手人が捕まえられる時のような格好になり、思わず「旦那、勘弁しておくんなせぇ~~!」と声をあげましたemoticon-0102-bigsmile.gif

と書くと、まるで苛められているみたいですが、このマッサージをするとしないとでは大違い。私の場合は、顎のたるみ・法令線・目の大きさが改善されました(当社比w)。

そして、肝心のグリーンピールを受けた私個人の感想ですが、それまで悩んでいた肝斑が徐々に薄くなってきたことと、乾燥肌が改善されつつあることから、効果があると思っています。顔にシミがあるとファンデーションが厚塗りになり、不自然なメイクになるという悪循環から抜け出せました。

ところで、中田先生はグリーンピールのフェイシャル部門 新人賞を授賞した実力派。施術するにあたって、個人の癖がでてグリーンピールの効果が半減しないよう、常に本部に通い研鑽を欠かさない努力家でもあります。

指導を受けると、耳の痛い厳しい事もたくさん言わるけれど、身になることが多い。いくつになっても勉強できるって幸せよね!といつも話しています。

写真展にいらした時の中田先生はグリーンピールを受けた直後で「お肌が輝いている~!!」「ピカピカ~!」な肌コンディション最高!な状態でしたので、写真におさめなければソン×2とばかりにシャッターを押しました。

中田先生もこのお写真を気に入って下さり、そこで今回は特別に「自由が丘Not Knot」のお客様orブログをご覧頂いた方限定で、下記の料金でポートレートを撮影します。

グリーンピールで美しくなったそのお姿を、この機会にポートレートにしてみませんか?


料金: 撮影時間1時間+レタッチ5枚付き  通常28,000 → 15,000
※1:  交通費は別途実費で頂戴します。
※2:  画像を収めるDVD+送料は別途1,000円頂きます。
2013年9月末までの限定特価です。
お引き受けできるお日にちが限られていますことを予めご了承くださいませ。

お申込み・お問い合わせは下記のフォームからお願い致します。

オフィス春慶コンタクトフォーム

お待ちして折ります!!

※この企画は2013年9月末で終了しました。ありがとうございましたemoticon-0139-bow.gifemoticon-0139-bow.gifemoticon-0139-bow.gif
[PR]
by SHUNCAY | 2013-09-30 21:44

誰が悪いのか。。。

今日は大変な日でした。

8時発のバスに乗るために、家を出たのは7時20分。すぐ近くの大通りで、やっとタクシーを捕まえられたのが7時30分。目的地の新宿副都心に8時に辿り着かなければならない。

その事を、タクシーの運転手に告げると、「なんとか間に合います。」と言うが、実にのんびりとしている。

いゃぁな予感。。。

こういう予感は当たるので、7時52分にツアー会社の緊急受付に電話をして5分ほど遅れる事を告げた。

すると、8時2分に添乗員から電話があり、「遅れる連絡を受けました。当初、予定していたビル前ではなく、都庁の駐車場に来てください。」と言って切れた。

切った後で、運転手にその旨を告げると「都庁の駐車場なんて知らない!」とにべもない。

あらら。。。でも、私も都庁の駐車場に停めたことがないから、どうやって行くのか知らない。だから道順も、所在地も教えられない。それに、新宿は滅多にこないから殆ど知らない。

それで、iPhoneで『都庁 駐車場』を検索すると、出てくる×2、第一駐車場、第二駐車場、etc...

一体どの駐車場で待っているのか?確認する為に、先ほどの添乗員の携帯に、かけ直すが、1分以上ならしても、全く出る気配なし。おまけに留守番電話にもなっていない。。。

再びツアー会社の緊急受付に電話して、「都庁のどの駐車場ですか?」と聞くと、こちらでは解らないので、添乗員の携帯に電話して確認してくれという返事。

あぁ、そうですか。。。でもですね、

何度もかけ直したんですが、一向に(電話に)出てくれないので、そちらに確認をしているのですが。」と告げると、繋がるまでかけ直してくれ。会社からも添乗員に電話をする。という返事。

添乗員も移動したら、どこに移動したかツアー会社に連絡する義務はあると思うのだが。。。だが、ここでブツブツ言っても仕方がない。

そうこうしている内に、都庁の第一駐車場に着いた。携帯で時間を確認すると8時5分。大型バスも何台か停まっているので、この近くに違いないと思うが、確認が取れないのでタクシーから出るに出られない。

相変わらず添乗員に電話は繋がらない。そして、ツアー会社にも再三電話をしては、どうしたものかと相談を繰り返す。

むむむむむむむむむ。。。

やっと、添乗員から私の携帯に掛かってきたのは8時14分(←着信記録参照)

だが、そこからがまた難儀の始まりであった。

都庁の駐車場って言われましたが、都庁の駐車場には第一、第二などいろいろあるのですが、どの駐車場ですか?と尋ねると、一寸待ってくださいとバスの運転手に尋ねている。

大駐車場です!と返答が帰ってきたので、今度はタクシーの運転手に「大駐車場に行って下さい。分りますか?」と尋ねると、「知らん!」とやる気+調べる気ナッシング(←死語)のお返事。

運が悪いことに、今時ナビもついていないタクシー。OMG。。。「あそこにいる警備員に聞いてみよう!」とタクシーの運転手を促して、警備員のそばまで行き大駐車場の場所を聞いた。

しかし不運は重なる。この時に尋ねた警備員の説明がどうにも要領を得なくて、全く分からない。よその駐車場への道路案内は警備員の仕事ではないから、仕方ないと諦め、もう一度、添乗員に電話をして、大駐車場の場所を尋ねた。

すると、大駐車場は大駐車場で、他に説明にしようがないという。

そんな馬鹿な、○○ビルの前の通りをはさんだ向かいとか、ちゃんと説明のしようががあるだろう。と思うが、時間が足りない今、そんな事で彼女と争っても埒が明かない。

バスの運転手に代って欲しいと頼むと、約1分後に変わってくれた。その方が道路案内は得意だろうと思ったのだ。

スピーカーフォンで話したバスの運転手曰く、我々の車は地上にでているので地下にもぐり、そこから都庁の大駐車場を目指せと言うのだ。

はぁぁぁ~?

私はバスの運転手の説明がサッパリ解らなかったが、タクシーの運転手は合点がいったようで、すぐに車を発進した。だが、実は彼も全く分かってなかったのだ

だって、道案内って「○○通りの△△交差点を左折して、10メートル位行った先にある××ビルの1階です。」とか言わないと不明瞭でしょ?

その証拠に言われた地下の駐車場に入るために、交差点を8つも周回した。「あの、わかってなかったらまた聞きますが!」と話しかけても、今度は返事もしない。

運転手同士の意地の張り合いだろうか?一度聞いたからにはわからないとは言えない。みたいな?

結局、NSビル側の都庁の大駐車場のそばまで着てタクシーを降りた。そして大駐車場に停まっているバスを探すが、まったく見当たらない

この時、すでに8時28分

再び添乗員に電話をして、「大駐車場に着たけど、バスが見当たらない!」と告げると、なんと「いつまでも大駐車場に停まっていられないので移動ました。」と言う。

何だその鬼ごっこ!!

だったら、移動する前に電話して下さいよ!と言いたい気持ちを抑えて、「それで今はどこにいるんですか?」と尋ねた。

何とか大駐車場から抜け出し、停車中のバスに乗り込んだ。この時8時32分。すると、今度は添乗員が私を探しに行って戻っていないという。

取りあえず席に着き、添乗員に電話をしてバスに乗り込んだことを告げた。彼女がバスに戻り発車する事になりましたと乗客に告げた時に、私も皆様に謝った。

この時、8時35分

遅くなりまして、たいへん申し訳ございませんでした!」と。

諸般の事情はあるにしても、私が5分遅れた事は紛れもない事実。それにより同乗するバスの乗客の皆様に、多大なるご迷惑をかけた。

その後、現地に着いて撮影している合間に添乗員から注意された。

「ふつうは遅れても15分までしか待ちません。今回のようなケースは稀ですので今後は気を付けて下さい。」と。

はぁ

もっとも彼女の言葉に嫌味はなく、私を乗せたいという一心で一生懸命に対応してくれた事が感じられた。

私としては5分遅れた事は本当に申し訳ないと思っているが、後の30分は私もいい加減な情報に振り回された被害者だと思っているので、濡れ衣を晴らすために事実を淡々と説明した。

①最初の電話で言われた通り、都庁の第一駐車場には9時5分には着いていた

②第一駐車場付近にも、観光バスが数台停まっていたので、どのバスか確認の為に添乗員に電話したが、全く繋がらなかった。

すると、添乗員は電話が繋がらない場合には会社にかけて下さいね。と言う。

貴女が直ぐに電話に出ていればロスタイムは少なくなったのよと言いたいが、ここは穏やかに事実の説明を続けよう。

③えぇ、繋がらなかったので直ぐに会社に電話しました。そして、都庁の駐車場がいくつもあるので、どの駐車場に行けば良いのか確認したのですが、会社からは貴女でないとわからないので、繋がるまでかけ直して下さいと言われました。だから、何度もかけ直してずっと貴女が電話に出るのを待ってたんです。

この時、添乗員の顔が一瞬こわばった。

そうよね、通話記録もあり、私も会社に何度も電話をしているので、会社側からも彼女に何度も電話していた事実が残っているもの。

もしかしたら、自分が原因だと気付いていなかったのかな?でも、話を続けよう。

④もし、乗り込んだ時に停車していた場所を説明するなら、当初予定していた集合場所の横断歩道を渡った所に停まっていますと説明してくれれば、電話で言われた通りぐるーっと大回りすることなく、すんなり到着できたのですが。。。そう言ってくれれば9時6分には発車できてたと思います。

と、穏やかに説明を付け加えた。まあ④の説明には我ながら嫌味を含んでいたと思う。

それに対して添乗員から謝罪は一切なかったが、それについては私も腹は立たない。だってほら、大人って自分に都合の悪い事は隠したがるし、この歳になるまでそういう人を沢山見てきたからね。大人ってホントいやぁょね!!(爆)。

だが、他の乗客に35分も出発が遅れた事の事実説明がないと、全てが私の責任にされてしまうのは嫌なので、バスの中で延々と続いていたガイドを10秒端折っても事実を説明して欲しかったと思う。

もちろん、そんな事はしないので、こうしてネチネチとブログに書いているのだけど。。。


===終===
[PR]
by SHUNCAY | 2013-03-28 17:18

Outlook week of March 10, 2013

b0240615_23424650.jpg

Swing in a breeze...

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2013-03-17 23:45

Grandma's Town

b0240615_2132614.jpg



b0240615_2141844.jpg



b0240615_215224.jpg



b0240615_2152859.jpg



b0240615_2155664.jpg



春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2013-02-18 21:07

Outlook Week of January 21

b0240615_171650.jpg

『花様年華 (In the Mood for Love)』の紅に憧れて。。。

今まで観た映画の中で、主人公のファッションが文句なしに好きだったのは、この映画とリリアーナ・カヴァーニ監督の『愛の嵐(The Night Porter)』の二つだけだ。


マギー・チャンが着こなすチャイナ・ドレスは、大胆な柄や色合わせにも関わらず、上品で洗練されていた。

そして、あの映画の一場面を思い出す度に、ウォン・カーウァイの紅い世界に引き込まれてしまう。


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2013-01-28 17:10

Outlook Week of January 14

b0240615_21282514.jpg

Ice world.

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2013-01-18 21:42

Illumination in Roppongi

b0240615_1183245.jpg

この時期の六本木には沢山のフォトグラファー達が勢ぞろい。

b0240615_11104743.jpg

毛利庭園からテレ朝

b0240615_11113466.jpg

毛利庭園のイルミネーション

b0240615_11121763.jpg

ミッドタウン


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-12-23 11:15

Jewelry as a Christmas Gift

b0240615_2218476.jpg

for her...


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-12-13 22:25

華やかさと寂しさと

b0240615_20185633.jpg

なんだか切ない。。。


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-12-12 20:20

Dance of the Confetti Fairy in Ginza

b0240615_1520698.jpg

例年通り、ミキモトの前はクリスマス・イルミネーションを一目見ようとする、もしくは、シャッターを押そうとする人々で賑わっていた。

もちろん、私もその中の一人。

クリスマスツリーの下に飾られた人形が、まるくって、ちょっとトンガリがあって、金平糖のように感じた。

b0240615_15361031.jpg

クリスマス、金平糖というキーワードが揃えば、チャイコフスキーのくるみ割り人形を思い出す。

b0240615_15373879.jpg

誰もいなくなった頃を見計らって、踊りだしたりするのだろうか?

I wish you a very happy Holiday Season!!


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-12-09 15:41