「ほっ」と。キャンペーン

SHUNCAY’s Photobook

shuncay.exblog.jp

カテゴリ:Table Coordination( 23 )

Les fêtes de Noël en style Belgique

b0240615_11341947.jpg

久しぶりにベーリックホールを訪問してきました。今年のクリスマス・デコレーションはベルギーのクリスマスがテーマです。


b0240615_11374812.jpg

クリスマス・ディナーのテーブルセッティング。お客様が揃ったら、その家の主人がテーブルのキャンドルを灯します。それが、スタートの合図。

b0240615_11413094.jpg

キャンドルのシャンデリア。

b0240615_1147943.jpg

このディナー・プレートなら、和食にも使えそうですね。

b0240615_11491860.jpg

素敵なクリスマスをお過ごし下さい。


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-12-21 11:52 | Table Coordination

素敵なダイニングルーム

b0240615_224352.jpg

ベーリックホールのダイニングルームで撮影していると、かつてのセントジョセフ・インターナショナル・スクール(2000年廃校)時代の寄宿生だった方から話しかけられた。彼は一つ一つの部屋が、どのように使われていたか、昔と今の違いをを私に教えてくれながら、昔を懐かしむように建物の中をゆっくりと眺めていた。

教育は魂の成長の場。そんな大切な思い出が詰まった場所で、気軽に撮影させて貰える事に改めて感謝しなければならないと思いながら、シャッターを押した。

b0240615_22165029.jpg

ところで、私はベーリックホールのダイニングルームが大好きだ。部屋の大きさ、天井の高さ、窓の大きさと位置、その窓から入る光、使われている木材の全てが好きで、来る度に必ずダイニングルームは撮る。

10代の頃は、横浜山手にあった友人宅の間接照明の使い方や、元町にある家具屋のダニエルに置いてあった家具に憧れを抱いた。当時はAmazonなんて影も形もなく、銀座のイエナ書店に出かけては、インテリアの本を立ち読みしたりしていた。

そんな昔の事を思い出してしまったのは、寄宿生だった方とお話ししたからだろうか?それとも、このダイニングルームが回顧させるのに適した場だからか?


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-08-02 22:39 | Table Coordination

褥暑(じょくしょ)の中の憩い

b0240615_21173329.jpg

いつから日本は亜熱帯気候になったのだろうか?と思うような褥暑が続いているが、せめて家の中では、気持ち良くすごせる工夫をしたい。

我々日本人は昔から季節によって室内の装飾を変え、涼を呼び込む暮らし方をしてきた。例えば、襖や障子を外して御簾や葦戸など夏用の建具に替え、軒先には簾をたらし、風鈴を吊るすなど。。。

しかし、住宅事情はガラリと変わり、拙宅のマンションには襖も障子もない有様だ。それに今時は、安易にベランダに風鈴を吊るすと騒音問題に発展しかねないリスクもある。だから、暮らしに涼を取り込む工夫も現代風にアレンジし直す必要がある。

所用があり、横浜山手西洋館のひとつエリスマン邸に出向いた。通常、テーブルコーディネート等の展示は夏季期間中はお休みしているが、そこは館内のスタッフの方が創意工夫して、入館者の眼を楽しませてくれている。

夏場の生花は傷みが早いので、つい購入を控えてしまいがちになるが、こんな風にアーティフィシャルの花で涼を呼び込むのも素敵だ。


b0240615_2149750.jpg

それと、今回、感激したのはこのライティング。

個人的に蛍光灯が嫌いなせいもあるが、燦々と照らす炎天下を歩き疲れた体と目を癒すには、灯りを暗くして静かなJAZZを聴きながら大切な人と一緒の時間を過ごすのはどうだろう?


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-07-31 21:57 | Table Coordination

L'élégance à la française

b0240615_21582999.jpg

The Table "ALICE"のレッスンに行って参りました。今月はフランス様式のエレガントスタイルで、優雅で気品のある華やかなスタイルを学びます。


b0240615_228071.jpg

イギリス式とフランス式では、カトラリーの置き方など、テーブルセッティングが違う事は皆様ご存じだと思いますが、改めて竹内先生から細かな決まり事を教えて頂きました。

使わせて頂いたカトラリーは憧れのChristofle♫•*¨*•.¸¸♪✧

b0240615_22152639.jpg

いつものテーブルコーディネートのレッスンとフラワーアレンジメントの制作が終わった後は、先生お手製のローズパウンドケーキを頂きます!


b0240615_22185555.jpg

レッスン中に制作したアレンジメントをテーブルに飾り、優雅な気分で頂きます。

今月も素敵なレッスンをありがとうございました。

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-07-09 22:23 | Table Coordination

七夕伝説

b0240615_22595763.jpg

星合せの宴

横浜山手西洋館のひとつエリスマン邸で、竹内薫先生率いるThe Table "ALICE"が、七夕のテーブルコーディネートを担当しました。

先生のテーマは「星合せの艶(えん)」。私は敢えて艶を宴に変えて写真でコーディネートをご紹介します。

以下説明略(笑)。

b0240615_2382683.jpg


b0240615_239266.jpg


b0240615_2394847.jpg


b0240615_23101867.jpg


b0240615_23112246.jpg


b0240615_2312138.jpg


b0240615_2313023.jpg


b0240615_23135213.jpg


b0240615_23152698.jpg


b0240615_23163315.jpg


b0240615_23165853.jpg


今年の七夕は晴れると良いですね♪

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-07-01 23:20 | Table Coordination

棚機つ女(たなばたつめ)の食卓

b0240615_950546.jpg

今月もまたThe Table "ALICE"のレッスンに行って参りました。

本当は七夕伝説の由来や、七夕のまつりかたについてレクチャーを受けるのですが、レクチャーは来年に先送りにして(要するに遅刻しました!)、後半のお食事会にはキチンと間に合せるという業に我ながら感心(コラッ、遅刻して先生や皆様にご迷惑かけたのだから、きちんと反省しなさい!!)。

今回は、七夕の節句に因んだお食事を頂きました。

b0240615_1081067.jpg

とうもろこしの冷製スープ。
二層にわかれていますが、下層部分の野菜のコンソメのジュレの口当たりも優しく、蒸し暑い時期のお食事には絶好のスターターになりました。

b0240615_10111618.jpg

キュウリと蒸し鶏のごまだれ。
あぶらの乗った蒸し鶏も、胡瓜、茗荷、生姜のおかげでサッパリといただけます。

b0240615_107941.jpg

海老と水茄子の揚げ出し。
実は油で揚げた茄子をいただくと、その後の胃もたれがするので苦手なんですが、先生のお料理ではそんな事は全くなし。手間を省かないで、良い材料だけを使っていらっしゃるからなんでしょう。

b0240615_10215631.jpg

太刀魚の照り焼き。
家でも外でも食べる機会が滅多にない太刀魚ですが(除く蒲鉾)、今回のお料理で開眼。次回は自宅でも作ってみようと思える美味しさでした。

この他に五色の素麺もありましたが、写真は割愛させて頂きます。

b0240615_10281225.jpg

生姜の冷やし飴。
甘いデザートも好きですが、蒸し暑い時には生姜が効いたデザートでお口の中をサッパリさせたいですね。

今回のレッスンも大変に美味しゅうございました。感謝。


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-07-01 10:34 | Table Coordination

爽やかな五月のテーブル・コーディネート

b0240615_23365688.jpg

The Table ALICEのテーブル・コーディネートで撮影をしました。過ぎてしまったイベントですが、記録用にブログアップします。なので文章は割愛。

b0240615_23372779.jpg



b0240615_23384896.jpg



b0240615_2340141.jpg



b0240615_2341311.jpg



b0240615_23412951.jpg



春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-04-28 23:27 | Table Coordination

お雛ランチ

b0240615_16524226.jpg

レッスンが終わった後は、先生の美味しいお料理の登場です!!

まずは、雛祭りらしく『ノンアルコールの甘酒』を食前酒の代わりにいただき、次に『菜の花と生湯葉のおひたし』と、『うどと新生わかめの酢味噌和え』を頂戴しました。


b0240615_1655528.jpg

『かぶら蒸し』です。甘鯛、百合根、ぎんなん、聖護院かぶらが贅沢に使われてます。器とお料理の素敵なハーモニー。


b0240615_17131387.jpg

『春野菜の天ぷら』の籠には、たらの芽、うど、タケノコの春野菜が絶賛共演中。先生の手作りの抹茶塩麹をデップにして頂きました。手作りの塩麹だけあって、甘味を強く感じる事がなく実に良い塩梅。

昨今のブームに乗って塩麹を買ったものの、拙宅では使わないまま冷蔵庫に眠っていたのですが、ご一緒した方に、市販の塩麹を使ったチキンのパイ包み焼きのレシピを教えて頂いたので、近いうちに挑戦してみようと思っています!!

教室に通って、コーディネートを教わり、美味しいお料理をいただき、素敵な出会いもあって、良い事だらけですemoticon-0123-party.gif

b0240615_17172346.jpg

手毬すしは私達で作りました、、、私は丸めただけです(笑)。写真はありませんが、蛤のうしお汁と一緒に頂きました。


b0240615_18203136.jpg

食後は、やはり先生の手作りの『道明寺』です。一緒に出して頂いたお茶は京都から取り寄せたそうです。細やかな心配りが行き届いた素敵なランチをありがとうございました。


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-03-24 18:00 | Table Coordination

上巳の節句(雛祭り)

b0240615_1829432.jpg

今月もThe Table Aliceのレッスンに行って参りました。今月のテーマは『上巳の節句』。雛祭りは3月3日ですが、地方によっては旧暦の4月3日まで祝うそうです。

こちらのコーディネートは竹内先生のプレゼンテーションです。私は日本古来の伝統色の名前が大好きで、紅梅、薄紅、甚三紅、桃色、鴇色、退紅、長春色、真朱など、漢字を読んでいるだけで優雅な気分になります。竹内先生のコーディネートもピンクやグリーンではなく、伝統色で表現したいなぁと思って拝見していました。


b0240615_1847740.jpg

テーブルコーディネートに合うよう、低めに活けられた花。


b0240615_18492517.jpg

レッスンで御一緒した方のコーディネートです。


b0240615_18503747.jpg

雪洞を灯したら、こんな雰囲気になるんじゃないだろうかというイメージで写してみました。大人の雛祭りに相応しいコーディネートで素敵です。


b0240615_18525157.jpg

こちらが私のコーディネートです。京都では赤い毛氈を良く見ましたので、その反動からか敢えて淡い色合いを選びました。春の川のようなテーブルクロスが幻想的で素敵でした。


b0240615_18534183.jpg

テーマは流し雛。川の流れをあられで表現していますが、これは竹内先生のアドバイスです!!

そしてコーディネートのレッスンの後は、竹内先生お手製の美味しいお食事を堪能しましたが、それはまた別の機会に!!


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-03-23 19:05 | Table Coordination

春のテーブルコーディネート

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by SHUNCAY | 2012-02-18 21:19 | Table Coordination