SHUNCAY’s Photobook

shuncay.exblog.jp

カテゴリ:Landscape( 11 )

技術屋の写し屋

b0240615_1204235.jpg

旅先でご一緒したPENTAX OBのおひとり、S様。土屋先生にあやかり、写真を心から愛する写し屋のお姿を何枚か撮らせて頂きました。S様は装備からもお分かり頂けるとおり、PENTAX一筋の方です。

所属されているフォトサークルもPENTAX OBが大半をしめる写写塾

その、写写塾の方々が、PENTAX FORUMで写真展を、この1月30日から2月11日まで開催しています。

PENTAXの技術を長年支えてきた、自社製品を心から愛する写し屋たちの写真を "Don't miss it!!"

b0240615_136451.jpg



b0240615_1392931.jpg



b0240615_1403030.jpg



b0240615_1422678.jpg




春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2013-02-04 01:44 | Landscape

チカプ ウン トゥ

b0240615_19383933.jpg

タイトルのチカプ ウン トゥとは、富良野市郊外にある「鳥沼公園」のアイヌ語の呼び方。

夏場は静かな公園らしいが、冬のこの時期は公園の入り口から、沼に近づくだけでも雪をかき分けていかないと、前に進めない。

今回、北海道行きが決まった時に、雪道用にSORELを購入したが、これにスノーシュー(西洋かんじき)がないと、新雪が積もった道は歩けない事を実感。

何とか苦労しながら、沼に近づいたものの、雪に足を取られ転んだ時に「きゃぁ~~~」と、あろうことか声を上げてしまった。

いい歳して恥ずかしいemoticon-0141-whew.gif

その自分の奇声のせいで、20匹以上の鳥たちが飛び立って行ってしまい、あんなに苦労して近づいたのに、写真を撮ることが出来なくなってしまった(涙)。

この写真の鳥たちは、私の奇声にもめげず沼地の近くにとどまってくれていた、奇特な鳥たちです。

ありがとう!!

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2013-01-31 19:55 | Landscape

クリスマスツリーの木@美瑛

b0240615_026640.jpg

最初の撮影は『クリスマスツリーの木』

旭川空港に到着した時は快晴でしたが、美瑛に到着した時には曇天の空。それでも予想よりは、だいぶ暖かかったので、難なく撮影機材を広げる事ができ、慣れない雪道をトコトコ歩きながら、あちこちに移動。

b0240615_0271733.jpg

同日の3時過ぎに、もう一度『クリスマスツリーの木』に戻ってきた頃には、雲の間から光がさしてきました。


だいぶ趣きが変わります。

b0240615_0275875.jpg

防寒対策は万全にして撮影に向かったものの、1時間外にいるとかなり「しばれる」ので、この日は早々に引き揚げました。


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2013-01-30 22:28 | Landscape

羽子板市@浅草

b0240615_21314187.jpg

子供の頃は、よく母に連れられ浅草寺へお参りをした。下町育ちの母は、ほおずき市や羽子板市が大好きで、縁日が近づくと「もうすぐね!」とワクワクするような表情をしながら呟いたりしていた。

「そんなに縁日って楽しいかな?」とシラケた態度で聞き返したものの、実は私も楽しみにしていた。

b0240615_2141652.jpg

まず仲見世を通ることが一つのアトラクション。舞扇、簪、手拭いなどの伝統的な品物だけではなく、ポリエステルの着物もどきや、ちょん髷の鬘などを眺めるのも楽しかった。

実は私、仲見世や成田空港のお土産物屋さんで良く売られている、あのポリエステルの着物もどきを何枚か持っていますemoticon-0100-smile.gif

元ネタはジョン・カサヴェテスの映画・グロリア。主演のジーナ・ローランズに感化された私は「おばさんになったら、私もジーナのようにタフでクールな女性になろう。」と決意。そして、おばさんになった今、その決意通り、彼女と同じ着物もどきを部屋着と共に羽織っています(爆)。

閑話休題。

b0240615_22141968.jpg

羽子板市には粋なお姐さんがいて、素敵な笑顔で応対してくれます。解らなかったら、どんな羽子板が良いか相談してみては如何でしょうか?

b0240615_22243217.jpg

明眸皓歯!!

b0240615_22263244.jpg

こちらのお兄さんは「花嫁募集中」だそうです。お嫁さんになりたい方は、羽子板市にいらっしゃって下さい。明日までだけど。。。

b0240615_22281597.jpg

お客さんの撮影にも、親切丁寧に応じてくれます。

b0240615_2229512.jpg

羽子板職人だからこそ、ご自分が作られた作品を自信を持ってお勧めしてくれます。

b0240615_2230249.jpg

素敵な親子を発見。

b0240615_2231193.jpg

女の子がいるご家庭では、羽子板を飾るとお嬢さんに悪い虫がつかなくなると言われています。お孫さんが生まれたら、おじいちゃま&おばあちゃまから、羽子板を贈るのがお江戸の伝統です。

b0240615_22324722.jpg

お嬢ちゃんの為に、皆さんで縁起の良い三本締めを!!

ご多忙の中、気軽に撮影に応じて下さいました皆様、本当に有難うございました!!

多謝。

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-12-18 22:36 | Landscape

神々が降り立つ浜辺

b0240615_1532274.jpg

旧暦の神在月(出雲地方以外は神無月)に、全国の八百万の神々をお迎えする稲佐の浜(いなさのはま)に立ち寄った。この浜で毎年「神迎祭」が行われる。

この時はすでに夕刻。日が落ちたらすぐに真っ暗になるだろう。街灯がない慣れない細い道をドライブするのは辛い。だから、一刻も早くホテルに辿り着きたかったが、この雲を撮らずに去るなんてできなかった。

駐車場から、雲の合間から光が射すのを見上げた時に、なるほどこれが『高天原(神々が生まれる海の上の雲の中)』なのか、流石に出雲だけあると感嘆した。

b0240615_27238.jpg

弁天島には豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)が祀られている。

b0240615_2131123.jpg

昔は遥か沖に在った弁天島も、今では浜の目の前に。

b0240615_2163536.jpg

高天原に向かい、二人は何を祈るのだろうか?

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-12-04 02:26 | Landscape

過ぎ去る夏の日、稲村ケ崎

b0240615_0441543.jpg

所用があって、江ノ電にゆれて稲村ケ崎に行って参りました。鎌倉から江ノ電に乗ると、湘南にいる実感が増します。

b0240615_050223.jpg

夕景に染まる富士山を撮ろうと、海側から富士山側にレンズを向けると、私の隣で、とても熱心に富士山を撮影している方がいらっしゃった。何でも関西の方で、稲村ケ崎に来れば富士山が撮れるだろうと、出張の合間である休日に、この海岸へいらしたそうです。

b0240615_0545899.jpg

とても素敵な写真を撮っていらしたので、私もその方に影響されて、頑張って撮ってみました!しかし、粘ってはみたものの、上空の厚い雲が動く気配もなし。。。

撮影中は波打ち際に立っていたので、最初は気を付けて濡れないようにしていたものの、後の祭り。気が付いたら膝までびしょ濡れになりました。

b0240615_18284.jpg

きゃぁ~~、どうしよう?!と思っている所に、お散歩中のワンちゃんが、挨拶しに立ち寄ってくれました。

「折角、海に来たんだからチョット濡れたくらいで気にしないの!!僕と一緒に海に入って遊んだらもっと楽しいよ!!」と、お誘いしてくれてるようでしたemoticon-0136-giggle.gif

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-09-10 01:11 | Landscape

春節の雪

b0240615_231768.jpg

こんこんと降り積もる雪。

b0240615_23173647.jpg

都内某所で・・・


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-01-23 23:18 | Landscape

冬来たりなば、春遠からじ

b0240615_1819953.jpg

If Winter comes, can Spring be far behind?
By Percy B. Shelley (1792-1822)

b0240615_1819392.jpg

厳しい寒さの中でも、春の足音を感じさせてくれる光景。


春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-01-13 18:23 | Landscape

真冬の恋人たち その壱

b0240615_165982.jpg

横浜にて

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-01-11 19:41 | Landscape

真冬の夜空

b0240615_18351331.jpg

寒いですね、、、皆様ご自愛下さい。

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-01-10 18:36 | Landscape