SHUNCAY’s Photobook

shuncay.exblog.jp

茉莉花の飾り リインカネーションVol. 1

b0240615_2312195.jpg

皆様、お久しぶりでございます。

ミャンマーで、錚々たる歴代の写真家達の作品を見るにつけ、ことごとく自信を打ち砕かれた私。その後、日本に帰ってきてからは、怒涛の日々を過ごすことになり、作品作りなんて止めてしまおうかな?と落ち込むことも。

まぁ根が単純なので、ちょっと褒められると「こんな私でも応援してくれる人がいるんだ!嬉しい!頑張るぞ!」と、モチベーションが回復。ご無沙汰していたブログも再開させよう!となった次第です。

(あっ、HPはまだ再開させませんので、ご了承下さいませ。)

しかし、ずっとブログの更新も怠っていたので、ミャンマーの続きを投稿するか?最近の写真に変えるべきか?と悩んだのですが、この旅で私のルーツ(前世)はミャンマーだと感じ、あの時点で、あの時の私が精一杯頑張って撮った写真を、少しでも多くの方に観て頂きたいという思いから、続投をする事にしました。

不肖な写真ブロガーですが、これからも何卒よろしくお付き合い下さいませ。

=====ここから本文です=====

前ポストでミャンマー国内を移動する度に、その移動先で頻繁に会う外国人観光客の事に触れたが、このチャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)に到着したら、殆どの方をお見かけする事はなくなった。ただ一人を除いては。

最初にその方と会ったのは、ヤンゴンから国内線に乗り込む時だった。その後も何度か旅先ですれ違っていたが、すれ違いざまに軽く会釈をする程度で、他の観光客の方々のように話し込む事は一切なかった。

『流石にチャイティーヨーまでは皆さん来ないな~!』と思っていた矢先、その方が突然に私の目の前に現れた。俳優の笹野高史さんに瓜二つの方なので、私はてっきり日本人だと思い「こんにちは。」と声に出して挨拶した。するとミャンマーの笹野さんもw、「こんにちは。」と挨拶してきたので、すっかり日本人だと思い込んだ私は続けざまに「同じカメラをお持ちですね!」と話しかけた。

すると、ミャンマーの笹野さんは英語で「私は良く日本人に間違えられるのですが、シンガポール人なんです。」と苦笑いしながら答える。なんでも休暇を利用して撮影旅行に来たとか。

ふ~~~ん、撮影旅行ねぇ~。

それを聞いた途端、ミャンマーの笹野さんに対抗意識を感じてしまう私w。

「では、ここからはお互いが、どれだけ良い写真を撮ったか競い合いましょう!」という事になり、ゴールデンロックの境内を撮影しながら、1時間置きに「どんな調子?」「その写真イイね!」「今日はキャンドルが少ないから、考えていた構造にならない!」と、ぼやいたり、相手の写真にチョット嫉妬を覚えたりwしながら、意見を交換した。

撮影は群れずに、スタンドアローンでするもの。が信念の私だが、こういう短時間のその場限りの撮影仲間と言うのも良いな。と感じた。

つづく
[PR]
# by SHUNCAY | 2014-09-28 03:28 | Trip

茉莉花の飾り インレー湖での思い出 Vol. 14

b0240615_1249187.jpg

※写真と本文は関係ありませんw

昼食後にしばらくテーブルで休んでいると、となりのテーブルにインドネシア人のパーティーが座った。ヨーロッパ人のご夫妻と同じように、彼らの事も何度か空港やホテルで目にしていた。

フライトもホテルまでの手段も異なるが、こう頻繁に会うとなんだかグループで旅をしているような感覚になる。

彼らも私の事をよく覚えていたようで、「やぁ、また一緒になったね!」と声を掛けてきた。

彼らは男性3人、女性1人のグループで旅をしている。声を掛けてきたのは、その女性の旦那さんだそうだ。

ところで、日本の男性はあまり結婚指輪以外の指輪はつけないが、海外では割と指輪をする男性も多い。と言っても私の周囲では、お仕着せのカレッジリングではなく、センターストーンをサファイアやダイアモンドに変更して貰い、華美にはならない指輪ばかりだが。。。

だが、隣のインドネシアのパーティーの皆さん、途方もなく大きなジェムストーンがついた指輪をしている。

吃驚!005.gif

今まで何処に行った?そこで何をした?何処が印象的だった?何処の食事が美味しかった?次はどこへ行く?

などと旅先での情報交換をしていたら1時間近く話し込んでしまった。

最後に、明日からチャイティーヨーパゴダに行くのよ!と意気込んで話したら、ポカン?!とされた。

どうやら彼らはゴールデンロックには行かないようだ。

でもまた空港で会えるでしょうから、その時にまたお話ししましょう!と別れて午後のクルージングに出発した。

春慶
[PR]
# by SHUNCAY | 2013-10-17 13:11 | Trip

茉莉花の飾り インレー湖での思い出 Vol. 13

b0240615_11213421.jpg

クルージングに出る前、ホテルのフロント嬢に念を入れて確認したのは、お手洗いと食事の事。

ローカルフードのシャン料理は是非とも頂きたいが、ハエが飛び交うようなお店は絶対に無理。そしてウエスタン・スタイルのお手洗いがあるお店でないと無理。とリクエストをすると、「それでは当ホテルの系列レストランをご利用しては如何でしょうか?」と提案してくれた。

そして、レストランへの予約と船頭さんへの連絡もその場で直ぐにしてくれた。

助かった!

そのレストランがここ。もう、かなりの暑さだったので、早く日陰に逃げたい一心でテキトーに撮影しました(をぃ!)。

b0240615_11281213.jpg

私のテーブル担当の女の子。一生懸命に料理の説明をしてくれた。可愛いぃなぁ~~~。

その向こうの部屋が仏間で、ミニ大仏様(?)がご安置されています。テーブルに着く前にお祈りしました。

b0240615_11344686.jpg

バナナの葉で包まれたカオニャン(粽)。粽と言うよりライスプディングと言いたいほど、なめらかな口どけ。

b0240615_11484334.jpg

シャン産のお米で作ったお煎餅。

b0240615_11501188.jpg

シャンカオスエ(シャンヌードル)

トッピングのゆで卵だけど、まるで食べ散らかしたみたいなので、もうちょっと工夫して出して欲しいなぁ~~。でも、かなり頑張っているレストランだと思う!!

b0240615_1154732.jpg

タイ・中国・インドなどの近隣諸国の影響を受けながらも、独自の食文化を確立している。

ごちそうさまでした!!

春慶
[PR]
# by SHUNCAY | 2013-10-12 12:07 | Trip