「ほっ」と。キャンペーン

SHUNCAY’s Photobook

shuncay.exblog.jp

茉莉花の飾り インレー湖での思い出 Vol. 9

b0240615_21574537.jpg

イブニングクルージングが楽しかったので、翌朝4時半起きして再度船着き場に行ってみた。

良い雰囲気じゃないか!

b0240615_2235241.jpg

早速クルージングに出かけたいが誰もいない。水上タクシーとかないのかな?と思いしばらくの間、船着き場にいたら、ボートに乗った少年たちがやってきた!

ボートを降りた少年に「クルージングに行きたいのだけど、今すぐ出発できる?」とせっかちな本領を発揮して尋ねてみた。だが、「解らないのでフロントに行って下さい。」と言われる。

フロントで尋ねると「船頭の手配があるので、今すぐ出発はできませんが、最短で8時半出発でご利用頂けます。」との事。じゃぁ、それでお願い!

それまでの時間はまた裏庭からw、村に出てみるとしよう。

b0240615_221111100.jpg

村の朝は早いが、どうやら遠くの町はまだ眠っているようだ。

b0240615_22153613.jpg

昨日訪ねた村とは反対側の方に行こう。

b0240615_22181627.jpg

丁度、朝化粧ならぬ朝タナカしている奥さんがいたので、お声掛けして撮らせて頂いた。分りにくいかもしれないが、手にしている薪のような木を手前の石臼で細かくすり、粉状にし水を足しペースト状なった所で顔に塗る。

乾くと白くなるそうだ。

春慶
[PR]
# by SHUNCAY | 2013-10-08 22:24 | Trip

茉莉花の飾り インレー湖での思い出 Vol. 8

b0240615_2036758.jpg

私の船頭さんを撮影していたら、ちょうど後ろから船が来た。

b0240615_20391957.jpg

夕方近くは帰宅ラッシュのようですemoticon-0100-smile.gif

b0240615_20404094.jpg

学校帰りかしら?それともどこかで遊んでたのかな?

b0240615_2042222.jpg

すれ違いざまに、この男の子にホテルが用意したリフレッシュメントのバナナを手渡すと、ポーズを決めてくれた!

b0240615_20431266.jpg

たぶん、農作業を終えて帰宅するところだろう。

b0240615_20435291.jpg

やっぱり子供たちに手を振ってもらえるとウレシイ♪

b0240615_20443375.jpg

こちらのおじさん、船から落ちちゃいそうですが、どうやらこれでバランスを保っているようですw!!

b0240615_20453726.jpg

日が暮れる前に家路に急がなくっちゃ。

b0240615_2046911.jpg

最後にまた船頭さん、ありがとう!気持ち良い風を受けながら楽しめたクルージングでした!

春慶
[PR]
# by SHUNCAY | 2013-10-07 17:52 | Trip

茉莉花の飾り インレー湖での思い出 Vol. 7

b0240615_20155691.jpg

イブニングクルーズに出発する為に、ホテルの船着き場に到着。

私の場合は、ピックアップサービスの依頼が急だったのでw、ボートの手配が間に合わなかったが、本当なら宿泊客はボートに乗り換えてこの船着き場に到着する。従業員宿泊施設のある裏庭から入る事は稀なので安心を!emoticon-0105-wink.gif

ボートのセッティングが整うまで、手前のヨーロッパ人の奥さんとおしゃべり。

実はこの奥さん達とはバガンでもマンダレーでも宿泊先が同じで、何度かすれ違っていた。私は、アジアにあまり慣れていない西洋人からしたら、東洋人の顔なんてみんな同じに見えるだろうくらいに思っているのでw、いつもホテルですれ違う際に”Hello!"と挨拶だけして、別段話しかけなかったが、どうやら彼女達は私の顔を憶えていたらしい。

奥さん:「あら、また私たち同じホテルに滞在するのね!」

私:「まあ、私の顔を覚えていて下さったんですね。」

奥さん:「ええ、マンダレーで、主人が先に貴女の顔を覚えて、貴女と同じホテルになったと教えてくれたの。」

私:「そうなんですか、ところでご主人は?」

奥さん:「昼間クルージングに出かけたら、この暑さで参ったみたいで。。。今は部屋で休んでいるの。」

私:「それは大変ですね、この気候で強い日差しを浴びながらボートに乗るのはちょっと危険ですよ。」

どれくらいの暑さかと言うと、40℃近くまで気温が上昇して、熱中症で倒れる人が続出する猛暑の頃の東京と同じ位。

だから、こちらの奥さんにも自分の体験や日頃の注意をもとに、昼間はアトラクションへの参加は避けて朝晩の涼しいうちに行動する事を強く薦めた。

そんな話をしていたら、クルーから出発準備が整ったと知らされる。

奥さん&私:「では、またお話ししましょう!」と挨拶をしてボートに乗り込んだ。

b0240615_2016436.jpg

手前のラップしてある果物は寺院のお供え用ではなくて、私に用意されたリフレッシュメントw。

いざ出発。


b0240615_20182265.jpg

I am sailing......

春慶
[PR]
# by SHUNCAY | 2013-10-06 14:12 | Trip