SHUNCAY’s Photobook

shuncay.exblog.jp

羽子板市@浅草

b0240615_21314187.jpg

子供の頃は、よく母に連れられ浅草寺へお参りをした。下町育ちの母は、ほおずき市や羽子板市が大好きで、縁日が近づくと「もうすぐね!」とワクワクするような表情をしながら呟いたりしていた。

「そんなに縁日って楽しいかな?」とシラケた態度で聞き返したものの、実は私も楽しみにしていた。

b0240615_2141652.jpg

まず仲見世を通ることが一つのアトラクション。舞扇、簪、手拭いなどの伝統的な品物だけではなく、ポリエステルの着物もどきや、ちょん髷の鬘などを眺めるのも楽しかった。

実は私、仲見世や成田空港のお土産物屋さんで良く売られている、あのポリエステルの着物もどきを何枚か持っています001.gif

元ネタはジョン・カサヴェテスの映画・グロリア。主演のジーナ・ローランズに感化された私は「おばさんになったら、私もジーナのようにタフでクールな女性になろう。」と決意。そして、おばさんになった今、その決意通り、彼女と同じ着物もどきを部屋着と共に羽織っています(爆)。

閑話休題。

b0240615_22141968.jpg

羽子板市には粋なお姐さんがいて、素敵な笑顔で応対してくれます。解らなかったら、どんな羽子板が良いか相談してみては如何でしょうか?

b0240615_22243217.jpg

明眸皓歯!!

b0240615_22263244.jpg

こちらのお兄さんは「花嫁募集中」だそうです。お嫁さんになりたい方は、羽子板市にいらっしゃって下さい。明日までだけど。。。

b0240615_22281597.jpg

お客さんの撮影にも、親切丁寧に応じてくれます。

b0240615_2229512.jpg

羽子板職人だからこそ、ご自分が作られた作品を自信を持ってお勧めしてくれます。

b0240615_2230249.jpg

素敵な親子を発見。

b0240615_2231193.jpg

女の子がいるご家庭では、羽子板を飾るとお嬢さんに悪い虫がつかなくなると言われています。お孫さんが生まれたら、おじいちゃま&おばあちゃまから、羽子板を贈るのがお江戸の伝統です。

b0240615_22324722.jpg

お嬢ちゃんの為に、皆さんで縁起の良い三本締めを!!

ご多忙の中、気軽に撮影に応じて下さいました皆様、本当に有難うございました!!

多謝。

春慶
[PR]
by SHUNCAY | 2012-12-18 22:36 | Landscape